DSC 204 F1 Phoenix | netzsch 熱分析の最先端

DSC 204 F1 Phoenix示差走査熱量計


高感度なDSC測定により微小な転移の検出や微量測定に対応

DSC 204 F1 Phoenix

特徴

  • 半導体センサー(μセンサー)を使用し、DSC検出感度 70μV/mWを達成
  • 熱流束型では最速の時定数0.6秒を有するτセンサーも選択可能
  • 高感度な比熱測定 (±2.5%以内)
  • 最大-180~700℃の幅広い測定温度範囲
  • UV-DSC、高圧DSC、QMS/FT-IRカップリングシステムなど多彩に対応

図は高感度なμセンサー(赤)と従来型のセンサー(緑、青)の熱量測定感度の比較になります。μセンサーの感度は従来型のセンサーと比べて15倍以上の感度を有し、微小な転移の検出や微量測定に用いることができます。

アクセサリ

サンプルカッター(MS)

中圧容器(左)/高圧容器(右)
アルミニウム容器(ふた付き)

各種アルミニウム容器対応シーリングプレス

3in1 Box

オプション

オートサンプルチェンジャー(ASC)

最大192サンプル対応
サンプルトレーは測定直前までに湿度など外部環境の影響を受けないようカバーが用意されており、ガスパージすることも可能です。

Photo-Calorimetry

Photo-DSC 204 F1 Phoenix は測定温度範囲 -100~200℃の範囲で光硬化ポリマーの特性 評価を行えます。
高圧水銀ランプ、Xe光源、LED光源各種に対応し、ユーザー指定の様々なUV機器とのトリガー接続が可能です。

高圧DSC

DSC 204 HP Phoenixは、真空から150気圧(約2140psi)までの圧力下、-50から600℃の温度範囲で試料の熱分析を行うことが可能です。
酸素、窒素、アルゴン、ヘリウム、水素、二酸化炭素、メタンなどの異なるガス雰囲気中での評価が可能です。

仕様

  • 型式名
    DSC 204 F1 Phoenix
  • 温度範囲
    τセンサー:-180 ℃ ~ 700 ℃
    μセンサー:-150℃~400℃
  • 昇温/冷却速度
    0.001 K/min ~ 200 K/min
  • 感度
    τセンサー:3μV/mW
    μセンサー:70μV/mW
  • 測定範囲
    τセンサー:±750 mW
    μセンサー:±35 mW
  • 精度
    熱量 < 1 %
    比熱 < ±2.5%
  • 冷却オプション
    エアーコンプレッサー(室温 ~ 700 ℃)
    ボルテックスチューブ (<0 ℃ ~ 700 ℃)
    イントラクーラー IC85 (-85 ℃ ~ 600 ℃)
    液化窒素冷却 (-180 ℃ ~ 700 ℃)
  • 雰囲気
    不活性、酸化性、大気、ガスフロー
  • ASC (オプション)
    最大 192 個の試料+12個の参照物質に対応

アプリケーション
データ

高密度ポリエチレンの微小測定

DSC 204 F1(µセンサー)は検出感度が非常に高く、微小量でのサンプル測定も可能です。
左図は微小量(1.3µg、2.7µg、5.8µg)の高密度ポリエチレン(HDPE)を昇温冷却測定した結果になります。
1.3µg(赤)のサンプル量でも融解/結晶化のピークが検出できており、2.7µg(緑)、5.8µg(青)と比較しても再現性よく測定できていることが分かります。

緩衝溶液中のタンパク質の変性

緩衝溶液中のタンパク質の熱変性による吸熱反応のDSC曲線が左図に示されています。
本測定に使用した試料量(タンパク質+緩衝溶液)は約50mgで、微小熱量計で通常使用する量の1/10以下です。 μ-Sensorは高感度なので、このように試料量が少なくても、希薄な溶液(2 mg/l)でも吸熱ピークを明確にとらえております。昇温速度はいずれも3K/分です。

サファイアの比熱測定

左図はDSC 204 F1(µセンサー)を用いたサファイアの比熱測定の結果になります。
2つのサファイア(実線、赤・青)から比熱の温度依存性を求めたところ(破線、黒)、文献値(破線、赤)と比較しても精度よく測定できていることが分かります。DSC 204 F1では精度よく比熱測定が可能です。

ページトップへ