netzsch 熱分析の最先端 » 建築材料

建築材料

同時熱分析装置(STA、TGA)は、セメント等の脱水挙動、スラグの評価、結着材の燃焼挙動、湿度雰囲気化における吸脱水の影響などの測定が行え、発生ガス分析との組合せにより、脱離ガスの温度プロセスの評価行えます。熱機械分析装置(TMA)熱膨張計(DIL)では、建築材料の膨張、収縮率を測定できます。熱伝導率計(LFA、HFM、GHP)では、断熱材などの熱伝導率を測定することができます。

ページトップへ