netzsch 熱分析の最先端 » 藁 ー 発生ガス分析(STA-FT-IR)

藁 ー 発生ガス分析(STA-FT-IR)

藁は、脱穀され乾燥したトウモロコシの茎と、油や繊維の生産に使用される植物の葉の総称です。農業での使用に加えて、藁は将来、エネルギーキャリアとして重要な役割を担う可能性もあります。
その熱的挙動を特徴付けるために、28.6 mgの粉末状の藁を窒素雰囲気中で20 K / minの加熱速度で測定しました。

図のTGA曲線は、110°C、298°C、および356°C(それぞれDTGピーク温度で特徴付けられる)での3つのステップと、400°Cを超える温度範囲での引き出しステップを示しています。対応する質量損失は、最初のステップで5%、2つの重なっている中間で33.4%と25.3%、最後の効果で10.7%です。約740°Cでは、まだ25.6%の残留物があります。

対応するFT-IRスペクトルのライブラリ検索は、最初のTGAステップ(110°C)が脱水によって引き起こされることを示していますが、298°Cおよび356°Cでのステップは、水、CO、CO2、ギ酸、酢酸およびエタンの発生に関係しています。さらに、メタンはおよそ 534℃で発見されました。ここでは、水、CO、メタンの痕跡がTGAおよびDTG曲線とともにプロットされています。NETZSCH Proteusソフトウェアでは、FT-IRトレースを簡単にインポートできます。 (PERSEUS STA449 F1/F3で測定)

関連商品

ページトップへ