示差熱-熱重量同時測定装置(TG-DSC/TG-DTA) | netzsch 熱分析の最先端

示差熱-熱重量同時測定装置(TG-DSC/TG-DTA)

熱重量測定 (TGまたはTGA) は、温度を一定のプログラムによって変化または保持させながら、試料の重量を温度または時間の関数として測定する手法になります。

示差熱分析 (DTA) は、温度を一定のプログラムによって変化または保持させながら、試料と基準物質の温度差を温度または時間の関数として測定する方法になります。

 

同時熱分析装置STAシリーズ(TG-DTA, TG-DSC)はTGとDTAもしくはDSCを同時に測定できる装置になり、TG (熱天秤)では試料加熱時の熱分解、酸化、還元、脱水などの重量変化、DTAおよびDSCでは吸熱・発熱反応から融解、ガラス転移、結晶化などの情報を得ることができます。

 

ネッチ・ジャパンでは-150℃~2400℃ の広い温度範囲に対応した以下の2種類のTG-DSC / TG-DTAをご用意しております。

ページトップへ