netzsch 熱分析の最先端 » 断熱材

断熱材

熱伝挙動の観点から断熱材や真空断熱材などの熱伝導率を分析する場合、熱流束計(HFM)保護熱板(GHP)で評価されるのが一般的です。耐火性材料の熱伝導率は、熱線法(TCT)を用いて大試料で測定が可能です。そのほか、断熱材の熱安定性や組成を測定する熱分析技術を提供しています。断熱材を含む有機系結着剤の硬化挙動は、誘電硬化モニター(DEA)で測定できます。

キーワード

ページトップへ